パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS スピンアウトネタ。「Su-Pen」はMacBookのトラックパッドにも反応する。ところが・・・。

<<   作成日時 : 2013/01/12 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

< トラックポイントを割り箸で操作する気分=である調 >


いきなりスピンアウトな話で恐縮だ。iPad 第4世代で使うために購入した「Su-Pen」を、MacBookのトラックパッドに滑らせるとどうなるか実験してみた。ものごっついどーでもいい話だから覚悟するように。

画像


同じ静電容量方式のタッチパネルなら、普通に動作すると考えちゃうだろぉ。ところがどっこい、へんてこりんな結果だぜぇ。

MacBook Air(Late 2010)のトラックパッドでは、スムースにマウスポインタを動かせる。iPadと遜色ないレベルだな。しかし、タップ動作に全く反応しないのだ。

MacBook黒(Late 2007)のトラックパッドでは、マウスポインタをまともにコントロールできない。ぴょんぴょん飛びやがるのだ。なのに、タップ動作は6、7割の高確率で反応する

なんなんだこの差は? いや、思い当たる節はあるぞ。MacBook黒は、2本指までしか対応しない旧性能のトラックパッド。対するMacBook Airはマルチタッチにフル対応している。

調子に乗って、PowerBook G4 12インチやPowerBook 2400cでも試したところ・・全くの無反応。つい不感症かよっと叫びたくなるくらいにマウスポインタは微動だにしない。

PowerPC世代のトラックパッドとIntel世代のそれは、普通に指で使うぶんにもごく微細ながらポインタの操作感に違いがあるのは明らかで、大雑把にいうならPowerPCのほうが鈍感である。よって、この結果はすんなり受け入れやすい。

今回の壮大な実験(などとぬかすなら、せめてトラックパッド搭載の全マシンを試すべきだろ)で浮き彫りになったのは、ひとくちに静電容量方式といえど性格を甚だ異にするもんだねーということに終始する。そりゃスタイラスペンの開発も大変に違いないネっ。

なお、Su-Penによるトラックパッド操作は新鮮味がある以外、なーんのメリットも考えられない。仮にポインタが滑らかに動いてタップが機能するとしても、まさしく隔靴掻痒だぞ。あるいは、指や腕の自由にならない方がマウススティックとして利用する手段ならアリかもしれないけれど、その分野は日進月歩の勢いで視線入力装置も手の届く価格帯に落ちてきているようだし、やっぱり意味ナッシングでサヨナラだっ。




ペン状の入力装置でパソコンを操作したいならペンタブレットに限られるだろう。

関連記事 関連記事:

スタイラスペン「Su-Pen」のファーストインプレ。モノの作りは過剰クオリティ。(2013/01/11)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スタイラスペン「Su-Pen」のファーストインプレ。モノの作りは過剰クオリティ。
< 実は100円のペンシルホルダーでも使えちゃう気分=である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2013/01/14 13:34
愚痴るより慣れろ。iPad 4thで使うスタイラス「Su-Pen」が快適に感じられてきた。
< だからminiは・・・な気分=である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2013/01/22 19:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スピンアウトネタ。「Su-Pen」はMacBookのトラックパッドにも反応する。ところが・・・。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる