パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS MacBook Air(Late 2010)に入れたMountain Lionの動作はわりと快適。

<<   作成日時 : 2012/08/01 11:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 3

オリンピックの話題に全く触れないのは・・・全く見ていないからなどと口が裂けても言えないトビフシコです・・・あれ?ちと別のことに没頭しておりまして・・・。

さてっ、OS X Mountain Lionのリリースから1週間経ち、当初より最大の焦点であった動作速度の点についてお話ししましょう。

私のMacBook Air 11インチはLate 2010の1.6GHz Core 2 Duo、RAM 4GBと、初代11インチをフルスペックにBTOしたもの。プリインストールOSであるSnow Leopardは実に快適な速度で動いてくれましたが、OS X Lionへのバージョンアップにより緩慢になったことは否めません

画像


一番の要因はメモリ容量でしょう。MenuMetersを眺める限りだと、4GBではフラッシュストレージ(以下SSD)へのスワップが頻繁に発生します。

その上でMountain Lionへのバージョンアップですから、私史上初のOSダウングレードに至るかもしれないと懸念しておりました。

画像


残念ながら・・・あいかわらずメモリを喰いまくります↑ また、スワップの領域確保だけでなく、しっかりと「使用」する量がOS X Lionよりも多めです。

SSDのおかげか、MacBook Airはスワップしても極端な速度低下には繋がらないものの、メモリが潤沢にある環境とは違うはず。

でも、不思議なのはOS X Lionに比してストレスの溜まる微妙な「待ち」が減ったように感じます。インストール直後特有の速さではないかと疑うも、1週間経過してみるとやっぱり違う・・・。

ただ、10.2 Jaguarから10.3 Pantherにバージョンアップした時のような、システムの底から最適化の進んだ感動的速さとは明らかに違います(あれは腹の底からも笑いのこみ上げるような向上だった)。Mountain Lionはユーザインターフェース周りを少しブラッシュアップしましたという具合でしょうかね。

おかげで、OS X Lionへ戻る必要はなさそうです。巷のレビューを見回すと、動作速度についての意見がまちまちで、それはそれで興味深いものです。

いまひとつ、顕著なパフォーマンス低下を感じるのがMission Controlに関わる所作。Mission Controlの表示や、左右スワイプのデスクトップ遷移、Dashboardへの移動が引っかかりますねぇ。今となっては非力なGPU(GeForce 320M)が影響しているのかもしれません。

MacBook Airでの総合的なレスポンスを考えた場合・・・極めて曖昧な結論ではあるものの・・・OS X Lionで満足しているならあえてバージョンアップする必要はなくLionに留めておく明確な理由も特にない、といったところに落ち着きますね、なんじゃそれは。まぁ、少なくとも私はバージョンアップ後の後悔なんぞほぼありません。

むろん、メモリ容量が2GBのモデルだと話が変わってくるでしょう。OS X Lionでも盛大にスワップしているのが、Mountain Lionだとより激しくなり、速度低下が顕著になるやもしれません。

また、これからMacBook Airの購入を考えている方は、無理をしてでも8GB RAMのカスタマイズをされるのが賢明です。メモリを後から追加できるモデルなら、8GB以上への増設は必須でしょう。メモリさえ確保できれば、バージョンアップ対象機種において不満を覚えるパフォーマンス低下を招くことはまずないといえます、ハイ。




16GBあれば安泰でしょう。しかし16GBが7,000円台って・・・。

関連記事 関連記事:

「OS X Mountain Lion」発売から一周年。全然使っていない新機能、でも不満は少ない。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2013/07/25)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「Mountain Lion」発表日の2月16日を過ぎる。次期OS Xのリリースは今夏ではない?
< 海老フライとタルタルソースな気分=である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2013/02/17 20:09
「OS X Mountain Lion」発売から一周年。全然使っていない新機能、でも不満は少ない。
< OS X Lionに引き続きLaunchpadは論外な気分=である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2013/07/25 11:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして

  11 inch Macbook Air(2010 late) 4GB をもっている者ですが、Lion はパスして、Mountain Lion をインストールしようか迷っております。

 やはり、Snow Leopard より、パフォーマンスは低下するのでしょうか?
Morning-After
2012/08/03 00:35
Morning-Afterさん、いらっしゃいませ。

人によって体感速度は違うと思いますが、少なくともSnow Leopardより速いと感じることはまずないといえます。

Time Machineを運用されていらっしゃれば、一度Mountain Lionをインストールして試用し、満足いかなければすぐ元の環境へ戻すのが最善かと。

また、外付けUSBストレージがあれば、一時的にそちらへMountain Lionをインストールして試用するのもアリです。ただし、内蔵SSDよりも速度が大幅に落ちる点を差し引く必要があります。

内蔵SSDのパーティションを分けるのも一手段ですが、容量の少ないAirではちょっと厳しいかもしれませんね。

ともあれ、実際に試されるのがベストだと思います。Windowsとは違い、融通を利かせやすいですしね。
トビ
2012/08/03 08:25
トビ さん

 レスありがとうございます。

 外付けUSB HDD を入手して、トライすることにします。

 
Morning-After
2012/08/04 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
MacBook Air(Late 2010)に入れたMountain Lionの動作はわりと快適。  パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる