パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS MacBook Air Late 2010でのApple Hardware Testにご注意を。

<<   作成日時 : 2012/05/28 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、Apple サポートコミュニティに『Macbook Air Late 2010 アップルハードウェアーテスト』なるディスカッションが立ちました。なかなか興味深いので、記事にしておきますね。

MacBook Air(Late 2010)は、初期化せずにプリインストールのSnow Leopardのまま使い続けているのであれば、起動時にDキーを押し続けることで(以下「D」起動)Apple Hardware Test(AHT)を実行することができます

がっ、トビのようにOS X Lionへバージョンアップした場合はAHTが内蔵ストレージから消えてしまうようで、実際に「D」起動を試すもAHTの画面が現れてくれません。

こうなると、付属するUSBメモリタイプのソフトウェア再インストールドライブを挿して「D」起動する必要が生じるのです。

画像


使う機会が限られるものの、失くすわけにはいかない重要なアイテムに変貌してしまいました↑

なお、こちらのディスカッションによると、内蔵ストレージ内にAHTがプリインストールされているMacは2008年以降に発表されたモデルだそうです。また、現行のMacBook Air(mid 2011)は、初期化などで内蔵ストレージ内のAHTが失われた際にインターネットベースのバージョンが代わりに起動するのだそうな。くっそ〜至れり尽くせりの最新モデルめ〜。

画像


USBサムドライブから無事にAHTを起動することができました↑

それでも諦めないのがサポートコミュニティの強者たち。上2つのディスカッションに記載のあるとおり、AHTを内蔵ストレージにインストールする方法が紹介されていますね。それほど難しい作業ではなく、USBサムドライブから「Mac OS X インストール」を実行し、途中のカスタマイズで「CPU Help Files」を選択すればいいようです。もちろん、それ以外の選択を全て外さないとSnow Leopardがインストールされるはずなのでご注意。

トラブルは忘れた頃にやってくるのが常ですから、特にOS X LionへバージョンアップしたLate 2010のMacBook AirユーザはAHTの実行方法を再確認しておきたいものです、ハイ。


Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC969J/A
アップル
2011-07-21


Amazonアソシエイト by Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC969J/A の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


現行のMacBook Airならば、無線LAN環境が整っている限りなんでもできちゃいますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MacBook Air Late 2010でのApple Hardware Testにご注意を。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる