パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS MacBook Air 11インチ(Mid 2011)の256GB SSDは両面実装だった。

<<   作成日時 : 2012/01/24 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

VC社長日記『MacBook Air 2010/2011 純正SSDの謎に迫る!』にて、興味深い事実を知ったトビフシコです。

画像


MacBook Air 11インチの最新モデル(Mid 2011)には256GBのフラッシュストレージ(以下SSD)が選択できるようになっています。11インチモデルのSSDはサイズの制約上、ロジックボードにオンボード搭載されたメモリチップに重なって設置されます。そのため、厚みがある両面実装のSSDが載せられないはずで、最新の256GBモデルも片面実装だと思い込んでおりました。

ところが実際は、両面実装である模様。Vintage Computerが以前から扱っているOWCの大容量SSDと同じく、チップや基板の厚みを極力抑え込んでトータルの全高を低くする方法で回避しているそうです。

あまりAppleらしくない解決法のように感じますけれど、さすがに片面のみで256GBを達成するのはコストがかかりすぎるのでしょうか。いずれにせよ、このApple純正256GB SSDはLate 2010モデルにも問題なく搭載できるとのことですから、他人事ではなくなります、ナハハ。

VC社長日記によると近々発売予定だそうで、価格が気になりますね。ちなみにOWCの240GBは45,800円なり。




秋葉館は外付け化キットを付属させてなかなかリーズナブルな価格に抑えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MacBook Air 11インチ(Mid 2011)の256GB SSDは両面実装だった。  パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる