パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS PowerBook G3 '98をニコイチ、その4。Main Streetもどきの状態は良好。

<<   作成日時 : 2012/01/19 11:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

PowerBook G3 '98をニコイチ、その3。ドータカードの正体が明らかに。』にて、部品取りに購入したMain Streetもどきの素性が明かされました。ま、しょせんはPDQに供される運命、「へんてこな構成だろうがそんなの関係ねー」なのですが・・・部品を取るからには、その部品が正常である必要があります。めっちゃ当たり前だのクラッカーなんですけれど、いかんせんジャンクです。もう一度ショップ記載の不具合状態をおさらいしましょう。

・HDD無し。RAM無し。
・電源投入後、画面にノイズ。その後フリーズ。


ハードディスクやメモリが抜かれているのはともかく、画面にノイズが出たりフリーズするのはいただけません。しかーしっ、電源は入るようなのです。ですから、まともに通電しないPDQの電源周りを交換すればなんとかなるんじゃないかと、そういう目論みなんですヨ。

ともかく、このジャンクを一度通電させてみることにします。まず、手近にあるRAMモジュール1枚を突っ込み、電源アダプタを装着。装着した瞬間、冷却ファンがふぃーーーんと数秒間回転しました。「ム、内蔵充電池が消耗しておる・・」。気を取り直して、電源オンっ。

画像


じゃーーん。おおぉぉ、普通に通電しましたヨ。電源ボタン一発押しで通電するこのありがたみ。

しばらくすると「起動ディスクがねーよ」のアイコンが表示されます。ん?ちょっとヘン・・かな?アイコンが色ズレしています。特に赤が1ラインほどズレています。なるほど、これが液晶不良かぁ。

そのまま数分間放置するものの、フリーズする気配がありません。「ニヤニヤ、こいつはひょっとしてイケるんじゃないかい?ニヤニヤ」と、一度電源を落としてPDQの内蔵HDDをそのままMain Streetもどきに移植。再度電源オーーンっ。

画像


お、お、おほほ、おほほほっ、普通に起動しおったぞー」。見事に起動してしまいました。画面は見事に色ズレを起こし、中央付近が激しく乱れているのですが、ディスプレイ以外の機能に問題は無さそうです。

その後もしばらくいじってみてフリーズの現象を待ちましたけれど、再現されません。ロジックボードの不具合、あるいはドータカードの互換性に起因する問題は杞憂だったんじゃねーのかい?と、いろいろWebで調べた結果、山本先生のFAQ『PowerBook G3 250/13を使用しています。液晶画面が頻繁にちらつきます。画面の周囲を押さえたり、ショック与えると改善します。修理に出すべきでしょうか。(上から3つ目)』を発見。試しに13.3インチディスプレイの背面をぎゅうっと押してみたら、ビビビーっと像が乱れました。原因確定。ディスプレイの不具合、以上。

「ヨシ、ほとんどのパーツは正常だ。しかもロジックボードが無事なのはありがたいぞっ」と心の中でガッツポーズを決めながら、いそいそとバラし始めました。

次回は、PDQへの移植です。はたしてPDQの復活はなるか?それとも・・・。


MacFan iBook&PowerBook Special (MYCOMムック)
毎日コミュニケーションズ


Amazonアソシエイト by MacFan iBook&PowerBook Special (MYCOMムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


13.3インチディスプレイに不具合報告があったのは知りませんでした。わりと広範囲に発生しているようですねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
PowerBook G3 '98をニコイチ、その5。部品を取りまくるも・・・撃沈。
『PowerBook G3 '98をニコイチ、その4。Main Streetもどきの状態は良好。』に続く第5回は、いよいよMain Streetからの部品取り。移植先は死亡寸前のPDQです。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2012/01/23 15:25
PowerBook G3 '98をニコイチ、その6。13.3インチ液晶の復旧を試みる。
今回は少し短めです。『PowerBook G3 '98をニコイチ、その5。部品を取りまくるも・・・撃沈。』にて、PDQの復旧を断念、Main Streetもどきをベースにした再生計画発動をお知らせしました。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2012/01/25 10:50
PowerBook G3 '98をニコイチ。改造記事のまとめ。
PDQとMain Streetもどきを中心にお届けした、7回にわたる「PowerBook G3 '98をニコイチ」記事のまとめを記しておきます。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2012/01/27 15:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
PowerBook G3のニコイチ、楽しそうですね(^_^)。

私もかなり昔に手放しちゃいましたが、WallStreetを愛用していたことがあります。確か、13.3インチの液晶だったと思いますが、一度やはり画面がちらつくトラブルが発生して、修理に出したことがあります。昔のことで記憶が曖昧ですが、ディスプレイケーブルの交換で直ったような気がします。あれもいい機種だったなぁ。
爽友則
2012/01/21 00:35
爽友則さんこんにちは。ニコイチ、楽しんでおります。

Wall Streetは13.3インチのディスプレイがデザイン的に最も美しかったですねー。また、後継のLombardやPismoと較べてガワが肉厚でとても剛性が高いのも魅力です。

画面のトラブルの件、情報ありがとうございます。私も手当り次第に調べた結果、原因らしきものを突き止めました。おっしゃるとおり、ディスプレイケーブル及び平べったいフェライトコアの仕業のようですねぇ。詳細について、次回もしくは次々回で報告できる・・・はずです、ナハハハ。
トビ
2012/01/21 19:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
PowerBook G3 '98をニコイチ、その4。Main Streetもどきの状態は良好。  パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる