パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS PowerBook G3 '98をニコイチ、その3。ドータカードの正体が明らかに。

<<   作成日時 : 2012/01/14 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

ジャンク価格1,200円で手に入れた部品取り用のPowerBook G3。『PowerBook G3 '98をニコイチ、その2。絶壁頭とモデムやら。』では中古ショップがのたまうスペックと外観を中心にご紹介しました。続く3回目は、いよいよ「なんじゃこりゃーな構成」の心臓部を覗いてみましょう。

おおかたショップがカタログスペックを書き誤ったに違いないと確信しながら、キーボードをフリップアップし、放熱板を外します。CPUの載ったドータカードをしばし観察。「んーー、似ている。つーか一緒じゃね?

画像


こちらがMain Streetもどきに搭載されていたCPUドータカード↑ 円盤の下にCPUがあり、奥にバックサイド型2次キャッシュメモリのチップが1枚付いています。え?バックサイドキャッシュが付いている??メモリスロットより向こうの4枚はROMですね。

画像


ひっくり返したところ↑ うぬわっ、メモリスロットに貼られたシールに「SINGAPORE 266MHZ」の文字があぁぁっ。これは間違いなく266MHzのドータカードですよ。裏側にもバックサイドキャッシュのチップが1枚。メモリスロットの奥4枚の小さなチップはデータバッファ、一番奥のCPUみたいなパーツはメモリコントローラ兼PCIバスブリッジインターフェースのGrackle(グラックル)。

さぁて、中古ショップの鑑識に間違いはなかったようですねー。まともに起動しないのに確かなスペックを記載するとは、さすがトビの信頼するショップだけのこたぁあるヨ。でも、状態を検証するにはややこしい構成でございます。

念のため、死にかけPDQ 266MHzのドータカードを比較のために見てみましょう。

画像


PDQ 266MHzのドータカード表面↑ CPU周りの四角いパーツが異なるだけで、それ以外は同じ。メモリスロットに貼られたシール「630-2811」も一緒ですね。おそらくパーツナンバーでしょう。

画像


裏面↑ ロジックボードとの接続に使われる2本のスロットに違いが見受けられます。メモリスロットのシールは「TAIWAN 266MHZ」です。微妙な差異は生産国によるものでしょうかね。

以上、Main Streetもどきに載っかっているのはPDQ 266MHzのものと断定、身元が割れましたよ警部。しっかしPowerBook G3 '98の前期型と後期型にどれだけのパーツ互換性があるのかは未知数です。特にWall Street2機種のみシステムバスクロックが83MHzゆえ、他のドータカードでは動作しない可能性が高いですね。PDQのドータカードをMain Streetに取り付ける場合は問題ないように思えるものの、この個体が電源投入後フリーズしてしまう要因は互換性に難があるせいかもしれませんし。

ともあれ素性が判明しましたので、さっそくPDQのパーツ取りに供しましょう。続きは・・・悲しい現実が・・。


MacFan iBook&PowerBook Special (MYCOMムック)
毎日コミュニケーションズ


Amazonアソシエイト by MacFan iBook&PowerBook Special (MYCOMムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


さすがにこの本1冊では間に合わず、MACPOWERのバックナンバーをひっくり返して細かい点を調べました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
PowerBook G3 '98をニコイチ。改造記事のまとめ。
PDQとMain Streetもどきを中心にお届けした、7回にわたる「PowerBook G3 '98をニコイチ」記事のまとめを記しておきます。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2012/01/27 15:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
トビさん
更新がいつものペースになって良かったです。ご家族のご容態が更に快方に向かうことお祈りしています。
さて、一つ質問させてください。本文に出てきたトビさんが信用するというMacショップはどこのお店でしょうか?興味があります。差し支えのない範囲で教えていただけたらありがたいです。
まさ
2012/01/15 11:46
まささんこんにちは。お気遣いどうもありがとうございますっ。

ショップは札幌の「Do-夢」です。あくまで私が購入したものに限ってですが、不良箇所はサイトにしっかり記載がありますし、Webで想像していたより悪いモノが届いたことは一度もありません。価格も抜きん出て良心的です。

特にPowerBook 2400cを購入するときの電話で、年相応の劣化がありますと店員さんに告げられておりましたが、届いた品はデッドストックかというほどの美品でした。

数年前はMacにやたら詳しい方がいらっしゃいましたが、辞められたのか管理職になられたのかWebに登場することが無くなり寂しいですね。

いかんせん知っている人は在庫を常時監視していますので、いい出物があると即売れてしまうのが玉にきずでしょうか。
トビ
2012/01/15 18:51
トビさん、早速のお返事ありがとうございます。
自分も数年前に買い物をしたことがあります。
細かい部品を購入したことやiMac(333MHz)の下取りをしてもらったこともあります。
ジャンクコーナーは眺めているだけでも楽しかったです。買おうかな、と思っているとすでに売り切れていて悔しい思いをしたことも何度か。懐かしい気持ちになりました。
毎日、更新楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。
まさ
2012/01/15 23:00
Do-夢は売り切れるのが早いですねー。あれは困ったもんです、ナハハハ。

iMacの下取りもされましたか。以前はもう少しMacを扱う店があったものの、どんどん減って今や貴重な存在です。

最近でも68k Macが商品として追加されるなど、頑張っているお店なので応援したいものです。

こちらこそどうぞよろしくお願いいたしますっ。
トビ
2012/01/16 10:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
PowerBook G3 '98をニコイチ、その3。ドータカードの正体が明らかに。  パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる